VOICES

職員紹介

ご利用者の想いを汲み取り、成長する喜びを分かち合う

法人本部 総務課 / 2015年入職

柳井 喬子

YANAI TAKAKO

高校時代、耳が不自由な後輩と手話でコミュニケーションを取っていたことがきっかけとなり、福祉に興味を持つように。
あだちの里を就職先として選んだのは、足立区内でさまざまな事業を展開しており、幅広い経験を積むことができると考えたから。

入職して3年間は生活介護に携わり、その後就労継続支援B型を担当しました。生活介護就労継続支援B型どちらも、適切な支援をする上で必要なのはご利用者をよく観察することです。
発語が困難だったり気持ちをうまく言葉にできなかったりする方もいるので、表情などもよく観察しながら心の奥にある想いを汲み取るよう努めています。その経験をいかして、現在は採用担当として当法人の魅力や取り組みを学生の皆様へ伝えています。

できなかったことが少しずつできるようになっていく、そんなご利用者の活動に携われることがこの仕事の醍醐味です。支援は長い目で見ていくことが大切ですが、毎日の積み重ねによって「できるようになったよ」とご利用者に喜んでもらえると、こちらまで嬉しくなります。
当法人ではさまざまな事業を行っているので、先々は色々な仕事に携わってみたいと思っています。

気持ちに寄り添いながら、前向きになれるようサポート

あだちの里相談支援センター / 2015年入職

坂齊 莉帆

SAKASAI RIHO

幼稚園から中学まで自閉症の同級生がいたことから、その人の気持ちを知りたいと思い、大学では心理学を専攻。
あだちの里を就職先として選んだのは、積極的に地域に出て行く姿勢に共感したこと、ワークライフバランスが整っていたことが理由。

私は入職当初から色々な事業を経験したい、やってみたいと考えています。これまで生活介護事業で5年間勤務し、今年度から相談支援事業で勤務をしています。環境が変わると不安なことや悩むこともあり、大変だと感じることもあります。しかし、チャレンジする気持ちを強く持って取り組むことで、自分自身の成長に繋がっていると感じています。現に働いてみると、研修に沢山行かせてもらい、自分自身の学びを深めることができています。ちなみに、有給休暇も取りやすくとても働きやすいと感じています。
皆様も今のうちから色々とチャレンジして、たくさん経験をすることをお勧めします。

人との出会い、支えあいを通じた経験が仕事のやりがいに

竹の塚福祉園 / 2010年入職

島貫公貫

SIMANUKI MASAHIRO

大学時代の実習で中学生の同級生が在籍しており、支援する立場の職員のご利用者への想いと利用者である同級生の楽しそうな姿を見て、自分もこういった環境で仕事をしてみたいと思い、障がい福祉を自分の仕事にしていこうと決めました。あだちの里は、見学での対応や雰囲気が良く、安心して働けそうだと感じて決意しました。

現在、竹の塚福祉園で副主任支援員として、支援と管理面を行なっています。求められていることとして、職員育成・指導等があります。指導する立場として職員の見本となれるように意識して行動しています。法人の一職員として少しでも法人の成長に繋げていければと考えています。こう思うようになったのは、たくさんの利用者、職員と出会ったことが影響を与えたと思っています。たくさんの人と出会うことで多くの考え方や感じ方等を知り、学ぶことが多くありました。支援する中で一人では難しいことも、チームとして支えあい、協力して実践することで達成できることもあります。その大切さを実感しています。
私は、これまであだちの里に勤務をして辞めたいと思ったことは一度もありません。最初はわかりにくいかもしれませんが、人との出会い、支えあい等を通じて経験を積んでいくことで、仕事のやりがいや充実に繋がっていると思います。

PAGE TOP